楽器可賃貸はどのような楽器でも引いて良いというイメージですが、実はそのようなことはないようです。

楽器可賃貸と楽器の種類について
楽器可賃貸と楽器の種類について

楽器可賃貸と楽器の種類について

PAGETITLE
音楽大学に通っている人や、音楽を仕事としている人にとって、楽器を引いて良いところがないと仕事になりません。そのため、賃貸物件を借りる時に、楽器可のものを選ぶ方が多いようです。しかし、楽器可の賃貸を選ぶときには、どのような楽器が可なのかということをしっかりと確認しなくてはいけません。楽器可物件の中には、その楽器の周波数の違いから弾いてはいけない楽器というものが定められている可能性があります。例えば、ピアノは弾いてもいいけれど、ホルンはダメといったような感じです。これはなぜ決まっているのかといいますと。防音機能の善し悪しにあります。通常楽器可物件というのは、建物自体を防音室のようなものにして、隣の部屋や外に音がもれないようにしています。しかし、周波数によってはその音が漏れてしまうこともあるのです。ですので、防音壁の種類によって、ひいてはいけない楽器が決まってくるというわけです。

もしも、弾いてはいけない楽器を部屋で弾いてしまいますと、近隣の方から大家さんにクレームが入り、退去を命じられることもあるようです。ですので、最初にどのような楽器ならば弾いて良いのかということを、しっかりと確認するのがおすすめです。

その他のオススメ記事

Copyright (C)2014楽器可賃貸と楽器の種類について.All rights reserved.